<山形>薬剤師による身体と心のバランスをとる方法

生まれた日であなたの本質がわかります。現在の体質と生まれ持った本質と合わせて身体と心のバランスを整えましょう。

人生という時間には限りがある~身体と心の声を聴こう~

わくわくして今を生きる
スマイル♡ガーデン
薬剤師のじゅんこです^^

自分のプロフィール写真を決めるために
どの写真が良いか選んでいただきました。
メッセージをありがとうございます。

<講座講師としてのプロフィール写真>
選んでいただいた写真


<薬剤師の白衣バージョン>
選んでいただいた写真


自分の考えていた写真と
選んでいただいた写真が
違っていたのが学びになりました✨

密かにチェンジのつもりが
公開投票みたいになりました。

”投稿して聞いてみたら良いよ”と
背中を押してくださる方が
いらしたことが大きいのですが。

こんな流れになったことを
一番自分がビックリしています。

なぜプロフィール写真を
変えることになったのか。

ひとことで言ってしまうと
今来ている『流れ』でしょうか。



これまで学んできたことを
深める時期がきたように感じています。

『流れ』には始まりがあります。
今の私がいるのは
こんなきっかけでした。

それまでの生き方の
『強制終了』

少し長いお話になるので
主だったことだけ綴ってみます。

以前詳しく書いたブログは
最後にご案内させてください。

============
ある日。
医師から告げられたのです。
============

「検査の結果”癌”でした。
手術と治療が必要です。」

それまでは
普通の薬局の薬剤師でした。
自覚症状もありません。

ほんの数分で
医療を提供する側から
医療を受ける立場に変わったのです。


医療者でありながら
”がん患者”になった自分に
罪悪感を感じていました。

健康について話している
薬剤師の自分が癌になった罪悪感。
家族や仕事の関係者に
大きな迷惑をかけてしまう罪悪感。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
私は役に立たない
それどころか迷惑をかけてしまう人間。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

また一方では
癌と病名がついても
手術と治療を終えて直ぐに
仕事に復帰することを考えていました。

これといった自覚症状はなく
痛みや不都合なことはなかったからです。

「さっさと手術をして終わらせてしまおう」

手術が終われば元の自分に戻れる
という安易な考えでいたのです。

ところが手術後は
体が自分の一部とは思えないほどの
辛さと絶望感を感じました。

放射線治療を25日間続けて
ホルモン療法も始めました。

そのうち時間はかかりましたが、
少しずつ体の感覚が戻ってきました。

するといつの間にか
自分の体のことを忘れて
また目の前の仕事に時間を忘れて
取り組む日々になっていました。

============
本当に私は学ばない人間でした。
============

自分の体や心がサインを出していたのに
忙しさにかまけて
気が付かないふりをしていたのです。

”五年生存率”といわれる
がんの手術後5年を無事に経過して
6年目の定期受診のことでした。


CT検査の結果を診ていた医師が
「風邪でも引いた?肺に影があるよ。」

それが2つ目の別な癌が見つかった日でした。

たくさんの検査をする日々が1ケ月続きました。

「癌は1個だから
また新しい癌だね。
手術をすればその後は治療はないよ」

手術は成功しました。
無事に癌を取り除くことができました。

しかし意外なことが1ケ月後
告げられることになったのです。

「はじめの癌の転移だったよ」

癌が転移したということは
すでに体のあちらこちらに
癌がばらまかれている可能性が
あるということです。

手術で癌を取り除いても
他にも拡がっている可能性があります。
つまり全身治療が必要になったのです。

「抗がん剤治療をしましょう」

話が違います。
手術をしたら後は治療しなくてもいい
だから手術を受けたのです。

それでなくても
体重は7kgほど減り
呼吸をするのもやっとでした。

「私は抗がん剤治療やりません」
そう言ったのですが
医師は再度考えるようにおっしゃいました。

どちらにしても体力が落ちていたので
3ケ月ほど様子をみることになりました。

その間に自分で調べて
最新の情報や医師の講演会など
見つけては聴きに出かけました。

すると体はしんどいのですが
気持ちに変化がでてきました。


通常ならできない経験(抗がん剤治療)を
医療者として体験するのも
悪くないかもしれない。

持って生まれた好奇心旺盛が
こんなところで出てきてしまいました。

結局5月に手術を受けて
9月の末から抗がん剤治療を
3週間に1回の間隔で1年間
外来通院で行うことになりました。

熱が出て再入院したり
髪の毛が抜けていく様子に
教科書通りだなと観察しながら
体の変化と心の変化を見つめていました。

============
癌から受け取ったギフト
============

医師から癌だと告げられた時に
実は自分でも意外な感情が出たのに
ビックリしました。

それは・・・

”これで私は休んでいいんだ”

仕事を第一優先にしていたはずなのに
本当の私の体と心は休みたかったのだ
ということが分かってしまったのです。

休むことはいけない事。
それが罪悪感となって
休めない私になっていたのです。

そして
抗がん剤治療を受けていると
不思議なことが起きました。

今まで知らなかった学びが
次々と私の前に現れたのです。




人間の身体という目に見える
形あるものをだけを見てきた私に
体だけでは人間は成り立たないのだと
教えてくれているようでした。

BODY(ボディ):からだ
MIND(マインド):こころ
SPIRIT(スピリット):たましい
それがそろって初めて
人間になるのだとわかりました。

体のケアだけしていればよい
ということにはならないのです。

体と心はひとつのものという
身心一如(しんじんいちにょ)の考え方が
身を持ってようやくわかってきました。

抗がん剤の治療を受けながら
またその後も私を導くように
次々と興味深い学びが私の前に現われます。

今こうやって振り返ってみると
『辛いことを乗り越えることが人生だ』
と思って生きてきたけれど
『人生は楽しむためにある』
と変わっていった私がいました。

たくさんの学びを通して
病気があっても健やかな身体
五感や感情を感じることができる心
何をしたくて生まれてきたのかを想う
全てが人生を楽しむ(味わう)ためにあり

身体と心の声(サイン)に
気がつけることで自分とつながり
それが人生を楽しむことに
つながっていくのだと思えました。

つまり
身体と心の声(サイン)に気が付き
自分の味方につけてしまえば
人生を楽しく・面白く・そして可愛らしく
生きていけると考えているのです。


そして2つの癌を経験した
私の一番の学びは
”人生という時間には限りがある”
ということを知ったことです。

癌になって
命には終わりがあることを
初めて自分事に思えました。

死ぬということは
ネガティブなことではなく
死ぬという終わりがあるからこそ
”今を輝かせて生きたい”
と思えるようになりました。

輝くためには
自分が何が好きで何が苦手なのか
何が喜びなのかを知ることが大事。

そのために
いろいろな経験や出逢いや学びがあり
これからも続くのだろうと思います。

こんなきっかけで
今の私がいます。

病気にはならなくてよい、
でも病気になったお陰で
私は感謝をもって
ここにいることができています。

全てが必要なことでした。

自分を知ること。
自分の身体と心の声を聴くこと。

私がこの人生を結ぶとき
笑顔でこう言いたいのです。

「あー!
いろんなことがあったけど
面白い人生だったなぁ」

これまで生きてきた中で
ご縁をいただけたみなさま
本当にありがとうございます。

これからお逢いできるみなさま
どうぞよろしくお願いいたします。

◉自分の人生を楽しむために
”身体と心の声”に気づいていただく専門家
自分を知ることで
『身体の声や心の声』に気づける

講座やセッションを開催していきます。

以前に綴ったブログです。
こんな過程のもとに今がある。

私は今日も生きています♡
感謝!!

blog.smile153.com


blog.smile153.com

読んでくださって
ありがとうございます。

#薬剤師
#風水薬膳®ティーセラピスト
#風水薬膳®ライフスタイリスト講師
#数秘術講師
#魔法の質問マスター
#魔法のスイッチ3つ星トレーナー
#ライフツリーカードトレーナー



いとうじゅんこの
笑顔が咲く学びのお庭
”スマイルガーデン”
足を運んでくださいまして
ありがとうございます。

^^^^^^^^^^^^^^^^

この人生は一度きり

楽しく・面白く・そして可愛らしく!

^^^^^^^^^^^^^^^^ 

『美と健康は笑顔から』

をキーワードに

たくさんの学びをイメージした

笑顔のあふれるお庭

”スマイルガーデン”より

身体・心・魂のことなどお伝えしていきますね。

ブログの感想や
お問い合わせはこちらへ↓
スマイルガーデンお問合せ