<山形>現役薬剤師による身体と心のバランスをとる方法

生まれた日であなたの本質がわかります。現在の体質と生まれ持った本質と合わせて身体と心のバランスを整えましょう。

外から見たら分からないけれど、必要な思い。

山形に向かう新幹線は、
途中まで2つの新幹線の
”やまびこ”と”つばさ”が連結して
走っている新幹線です。

 

東京駅と山形駅の間の
福島駅で車両の連結・切り離し
が行われます。

福島駅から2つの新幹線が
別な目的地に向けて走り出します。

f:id:smile3garden:20180910232949j:plain

わくわくして今を生きる!
薬剤師のじゅんこです♡

 

東京への移動に山形新幹線に
乗ることが多いのですが、
山形県と福島県の県境は山の中を
通るため電波が届きにくい
場所があります。

 

隣に座っている女性が、
スマホを見ていました。

 

あれ?って感じのそぶりが
見えたのと私のスマホが
うまく作動しなかったので…。

 

「県境の山の中なので
電波が届かないのかしらね」と
声をかけてみました。

 

すると、
「私耳が聞こえないのです」
と思いがけない返答がありました。

 

すぐに持っていたメモ用紙を出して
筆談をすることにしました。

 

会話で伝えようとしたことを
紙に書きました。

「県境の山の中で電波が
届かないのでスマホが
見られないですよね。」

 

すると
「この新幹線は何処に
行くのですか?」
彼女は耳は聞こえないのですが
話すことはできました。

 

メモに「山形ですよ」
と書いて渡すと

「私、白石蔵王に行くのです」

 

東京駅を出発した新幹線は
2つの新幹線を連結しており
こちらは”つばさ”です。


彼女はもう一方の新幹線の
”やまびこ”に乗らなければ
行けなかったのです。

 

既に連結は先程の福島駅で
切り離されてしまいました。

 

ちょうど車掌さんが
通りかかったので
「この方は白石蔵王に行きたい
そうですが、
どうしたらよいですか?」

「この次の米沢駅で降りて
福島駅に戻るしかないです。」

 

彼女の代わりに
「乗り継ぎの時間はわかりますか?」
と質問したのですが

 

「私たちも今はモバイルなのです。
この場所では繋がらないので
米沢駅の駅員に聞いてみて
いただけますか?」

 

え?っと思ったのですが
米沢駅で降りて
福島駅に戻ることを
メモに書いて彼女に渡しました。

 

この車両に乗り込んでいても
アナウンスが聞こえていたら
乗車する車両の間違いに
気づいていたかもしれません。

 

何か情報がないか考えたら
バックの中に簡易の
JR時刻表が入っていることを
思い出しました。

 

米沢駅で降りて福島駅に向かう
新幹線の時刻と
福島駅に着く時間は指さしながら
お伝えすることはできました。

 

「ありがとうございます。」
そう言って
米沢駅で彼女は降りていきました。

 

うまく目的地につけるとよいなと
思いながら私も手をふりました。

 

新幹線に乗って
電波が届いている時に
ちょうど友人がブログに
『ヘルプマーク』

のことを書いていて
読んだばかりでしたし、

 

最近乗った東京の電車の中で
ヘルプマークのことが
書いてあるのを見かけました。

 

障害が外見でわかる方も
わからない方もいます。

 

また、同じ方でも
配慮や手助けが必要な時と
そっとしておいてほしい時が
あるかもしれません。

今回の新幹線で出会った
彼女の件とは
違うことかもしれませんが


必要なことが
必要な時必要な人に届けられ
要らない時には、
今は必要でないよと
示すことができる社会であれば
嬉しいと思いました。

 

ブログの最後に
『ヘルプマーク』
について調べたことを載せています。

どうぞご覧ください。

^^^^^^^^^^^^^^^^

この人生は一度きり

楽しく・面白く・そして美しく!

^^^^^^^^^^^^^^^^

 

『~美と健康は笑顔から~』

をキーワードに

 

 

たくさんの学びをイメージした

笑顔のあふれるお庭

”スマイルガーデン”より

 


身体・心・魂のことなど
お伝えしていきますね。

 

 

 

ブログの感想や
お問い合わせはこちらへ↓

スマイルガーデンお問合せ

 

無料公式メルマガの
ご購読はこちら↓

スマイルガーデン無料公式メルマガ

 

 

*****************

ヘルプマークは、
平成24年10月に東京都で配布がはじまり、
全国の自治体で同様の取組みが拡大しています。


また、平成29年7月には、
JIS規格の案内用図記号にヘルプマークが追加、
全国共通マークとして、
認知度も向上していますが、
まだまだ、知らない人が多い実態です。

 

外見では障がい等があると分からなくても

援助や配慮を必要とされる方が、

周囲の方の援助を得やすくなり、

みんなで助け合う社会の実現を目指して、

ヘルプマークの普及に取り組んでいきます。

<山形県ホームページより>


山形çãã«ããã¼ã¯

義足や人工関節を使用している方、

内部障害や難病の方、

妊娠初期の方、

または、発達障害の方など、

援助や配慮を必要としていることが

外見からは分からない方が、

周囲の方に配慮を必要としていることを

知らせることで、

援助が得やすくなることを

目的としています。

 

ヘルプマークを持つことで

支援を必要としていることを

知らせることができ、

周囲の方に
支援や援助を促すことができます。

 
 ヘルプマークは、
 援助や配慮を必要とされる方が、、、

ストラップを利用し、
カバンなどにつけて使用します。
必要なとき、
又は常時着用して使用します。
と紹介されていました。
<山形県ホームページより>
******************