<山形>現役薬剤師による身体と心のバランスをとる方法

生まれた日であなたの本質がわかります。現在の体質と生まれ持った本質と合わせて身体と心のバランスを整えましょう。

柑橘系の果物や香りを使ってリフレッシュ~氣を巡らせる~

食後に柚子のシャーベットが
出てきました。

なんとラッキーなことに
お店からのおまけでした!

 

柚子の皮もシャーベットに
多めに入っていて
独特の苦みと甘味で
口の中がさっぱりしました。

 

f:id:smile3garden:20180829231235j:plain

わくわくして今を生きる!
薬剤師のじゅんこです♡

 

実りの秋
果物が美味しい季節です。


柚子に限らず柑橘系の果物は
酸味や香りで
気分をリフレッシュしてくれます。

柑橘系も種類によって効果は
少し違ってくるのですが
共通しているのは

胃腸の働きをよくして
氣を巡らせる働きがあることです。

 

氣の巡りがうまくいかないと・・・

 

ストレスや精神的な疲労により
自律神経のバランスが崩れて
精神的に不安定になり、


イライラしたり、
怒りっぽくなったり
ゆううつ、不安、落ち込むなどの
症状が出やすくなります。

 

身体の症状としては
乳房のハリ、片頭痛や肩こり、
お腹のハリやガスがたまる
ゲップがでる、
のどにものが痞える感じがする
生理前の不調などの症状です。

 

こんな症状に思いあたる方は
氣の流れが悪くなっている
可能性があります。

 

氣の流れを司るのは
体の臓器でいうと「肝」です。

 

柑橘類や梅干し、黒酢などの
酸っぱい食材は
肝の働きを高めて
気の滞りを改善します。

 

食べるだけではなく
柑橘類の香りをかぐことや


柑橘系のアロマの精油を
お風呂に入れたり
ボデイケアで塗布することも
氣の巡りを改善することに
つながります。

 

柑橘類を好んで食べたり
柑橘系の香りを好む時には
エネルギーの「氣」が
うまく巡っていないのかも
しれません。

 

そして氣をつくるおおもとの
胃腸が弱っていて
氣がうまく作れていない
可能性もあります。

 

胃腸を休めたり
身体を休めることができる方は
柑橘類を上手に生活に取り入れて
休みましょう!

お休みがとれない方は
柑橘系の果物を食べる他に
入浴剤を柑橘系の香りにしたり
ハンカチやタオルに香りをつけて
持ち歩いてみましょう。

ただし、柑橘系の精油は
種類によっては直射日光により
光感作(光毒性)が出るものも
あります。


精油についての使い方や
注意事項は専門家やお店の方に
確認してくださいね。

 

私もお風呂に入る時には、
バスオイルに柑橘系の精油を入れ
枕カバーに精油を1~2滴垂らして
休んでみることにします。

^^^^^^^^^^^^^^^^

この人生は一度きり

楽しく・面白く・そして美しく!

^^^^^^^^^^^^^^^^

 

『~美と健康は笑顔から~』

をキーワードに

 

 

たくさんの学びをイメージした

笑顔のあふれるお庭

”スマイルガーデン”より

 


身体・心・魂のことなど
お伝えしていきますね。

 

 

 

ブログの感想や
お問い合わせはこちらへ↓

スマイルガーデンお問合せ

 

無料公式メルマガの
ご購読はこちら↓

スマイルガーデン無料公式メルマガ