<山形>現役薬剤師による身体と心のバランスをとる方法

生まれた日であなたの本質がわかります。現在の体質と生まれ持った本質と合わせて身体と心のバランスを整えましょう。

自分の体に聴きながら、ほどほどに~体験から思ったこと~

ものごとは片方だけではなく
表もあれば裏もある
両面があるから
偏りすぎないようにバランスが
必要なのかと思います。

 

f:id:smile3garden:20180809195804j:plain

わくわくして今を生きる!
薬剤師のじゅんこです♡

 

今回のブログは
「自分の体験を振り返って
 ほどほどにを考えました」

 

人間の体はどのくらいの水分で
できていると思いますか?

 

体重の約60%が
水分でできています。
(新生児は80%、高齢者は約55%)

 

水分は、腸から吸収されて
血液などの「体液」になって
全身をたえず循環しています。

 

酸素や栄養分を体中に運び
いらなくなった老廃物を排出する
身体機能のために
大切な役割があります。
(他にも働きはあります)

 

ところが必要以上に水分を
摂り過ぎると
体内の余分な水分が排出されず
水が滞ってしまいます。

 

また、水分を摂り過ぎていなくても
体の冷えなどから循環が悪くなり
うまく巡らずに水が滞って
しまうことがあります。

 

たとえばこんな症状


顔や手、下半身のむくみ
胃のあたりがポチャポチャする
めまいや耳鳴りや嘔気
喉が渇きやすい(唾液は多い)
水っぽい鼻水やくしゃみ

これがあとで関係してきます。

 

 

人間の体の約60%くらいを
占めるのが水分だから
生命を維持するためには
水分摂取は必要不可欠です。

 

水分は必要ですが人によっては
体温、代謝量、筋肉量、運動量
疾患によっても必要な水分量が
違ってきます。

 

少なすぎず、多すぎず
自分に必要な水分を
体に聴きながら
ほどほどに摂ることがよいと
思います。

 

東洋医学の基本の考え方で


この世のあらゆるものは
木・火・土・金・水
(もく・か・ど・ごん・すい)
という5つのどれかに
あてはめられる
「五行説」があります。

 

秋は五行で金に割り当てられ
金は
体の働きで対応する臓腑は
「肺」と「大腸」

 

前回のブログでは
秋は「肺」と「大腸」と
私のエピソードをお伝えしました。
↓↓

https://blog.smile153.com/entry/overseas_trip

 

そのあとの続きです。

 

秋は「肺」と「大腸」

 

 肺が弱っていると

 

病気が現れやすい場所は

肺が病んだ時に現れる分泌液
涕(はなみず)

 

まさに私が経験した
秋に肺が弱って
鼻水を垂らしながら
ベッドで寝ていた
エピソードにつながります。

 

私の場合は
水分の過剰な摂取と
冷えで循環が悪くなり
肺の機能がうまく働けず
症状が出たのかなと
思います。

 

どこにも行きようのない
滞った水分が
鼻水となり溢れ出たのでしょう。

 


原因は他にも
いろいろと絡み合って
起きたことだと思いますが、
偏りがあったので
症状が起きたのは事実です。

 

偏りすぎないためには
自分の生活や癖を見直し
自分の体に聴きながら
「ほどほど」にして
いこうと思います。

  

^^^^^^^^^^^^^^^^

この人生は一度きり

楽しく・面白く・そして美しく!

^^^^^^^^^^^^^^^^

 

『~美と健康は笑顔から~』

をキーワードに

 

 

たくさんの学びをイメージした

笑顔のあふれるお庭

”スマイルガーデン”より

 


身体・心・魂のことなど
お伝えしていきますね。

 

 

 

ブログの感想や
お問い合わせはこちらへ↓

スマイルガーデンお問合せ

 

無料公式メルマガの
ご購読はこちら↓

スマイルガーデン無料公式メルマガ